ツイッター
インスタグラム
ブログ

Top > Column 連載コラム > carnet 206

Carnet 206

Ginza Shop open & party Part –2

銀座ショップのオープンとパーティ その2

前回に引き続き、今年オープンしたリーン・ロゼ銀座ショールームと、オープン記念パーティについてご紹介したいと思います。

「リーン・ロゼ銀座」は、ショップオープンに当り、ロゼ社の全面的な協力を受けました。インテリアの素材、レイアウト、パーティションを使って様々なシーンを設定することや、展示の具体的なアドバイスもしてくれました。アドバイスは、展示モデル、色づかい、コーディネートなどに及び、その結果、ニューヨークやロンドンにあるショップに負けないほど美しいショップになりました。

ショップコンセプト及びインテリアデザインを監修したのは、世界を舞台に活躍しているフランス人女性デザイナー、マリー・クリスティーン・ドルネル氏です。ショップコンセプトは、マリー・クリスティーン・ドルネル氏とドリームベッドのデザイナーが協力しながら生み出しましたが、彼女のお陰で非常にソフトでエレガントな、女性らしいインテリアになったと思います。


私は3月には、銀座ショップが素晴らしい出来上がりだということを聞いていたので「早く生で見たい」と願っていました。3月からずっと我慢していましたが、5月30日にオープン記念パーティを行うことが決まり、やっとそのチャンスが訪れたのです。
5月の末、私はミッシェル社長とマリー・クリスティーン・ドルネル氏に同行し、東京へ出張しました。ミッシェル社長もドルネル氏も、銀座ショップを自分の目でご覧になった時は、大変喜び、「写真よりもずっと素晴らしい」と褒めてくれました。

5月30日は、銀座ショップのお披露目を兼ねた、オープン記念パーティが行われ、多くのお客様と多くのメディアの方が来場しました。
「銀座」、「リーン・ロゼ」、「シャンパンと美食」は大変良い組み合わせだと思いました! パーティの際には、シンガーソングライターのカノンさんが歌ってくださり、彼女の美しい声にお客様の皆さんと共に魅了されました。

連載コラム写真
5月30日にリーン・ロゼ銀座が主催したシャンパンパーティに、大勢のお客様がお越しになり、お祝いを兼ねて、商談も行うチャンスだった。テーブルに座っている方はロゼクラブの責任者、村上さん。一生懸命にお話されているようですね。
連載コラム写真
今年も美しいカノンさんが歌を歌ってくださった。銀座ショップに相応しいパフォーマンスだった。
連載コラム写真
お客様も必死に聞いていらっしゃった。「カノンさんの美しい声を聞くと、心配事をすべて忘れてしまう」とおっしゃった方もいた。
連載コラム写真
ホストも格好良い、英語もアメリカ人と同じぐらい上手な長澤壮太郎さん。テレビでスポーツアナウンサーとして活躍しているようで、司会もとても上手だった。
連載コラム写真
今回も美味しいワインとシャンパンがたくさん出ました。パリで行われるパーティに負けないグレードの高い飲み物ばかり……。
連載コラム写真
最高なおつまみ。味も美味しく、見た目も美しく、食べ物よりもアートオブジェを思い出させる美食。(実は私はいつも通訳で忙しく、じっくり食べられる時間がないのは常に残念だと思っているのだ)
連載コラム写真
今回は、はかまを来ていらっしゃる素敵な方も現れて、その日本の伝統的な服装とロゼの雰囲気はとても面白い組み合わせだと思った(つまり国、文化、そして時代のミックス)。右に座っている女性の方はオーストラリア人。
連載コラム写真
ミッシェル社長もマリーさんもパーティを十分楽しみ、ハードスケジュールの疲れもすっかり忘れたようです。
連載コラム写真
30日のパーティの様子は、その日のうちにネット版「日刊スポーツ」で速報として流された。
ネット版「日刊スポーツ」の記事ページ 
リーン・ロゼ銀座:
東京都中央区銀座4-10-3 セントラルビル1F-2F
Tel. 03-6226-3100  
営業時間 11:00〜19:00
定休日 毎週水曜日