ツイッター
インスタグラム
ブログ

Carnet 227

Designer Christian Werner in Tokyo Part–2

デザイナー、クリスチャン・ウェルネール氏の来日 その2

前回に引き続き、10月に来日したデザイナー、クリスチャン・ウェルネール氏についてのエピソードです。

今回の来日をきっかけとして知ることができた、ウェルネール氏の人柄もとても印象に残りました。以前ケルンやパリの見本市などで何回か目にしたことがありますが、まだお話するチャンスがありませんでした。初対面は、少しクールでドイツ人っぽい「堅さ」を感じましたが、実際はそうではなく、とても穏やかで温厚な方でした。仕事やインタビューにも、とても丁寧に対応してくださいました。日本の文化や習慣についても、好奇心が強く、様々なことについて質問されました。それと、デザイナーとしてはとてもしっかりしていることも印象に残りました。

つまり流行やデザイントレンドにあまり目を配らず、自分のアイデアにこだわり、ロゼ社のような大きなブランドに対しても非常に自立した考えを持っていらっしゃる、という気がしました。PRADO(プラド)も、デザインスケッチで留まらず、ご自分でウレタンと生地を使ってプロトタイプを作り、その写真をミッシェル社長に見せたのです。そこまで自分のアイデアについて自信を持てたのは素晴らしいと思います。

おそらくその考えは消費者までも届いていると思います。PRADOはロゼのソファコレクションでは、もっとも多様性と機能性に満ちた商品かもしれません。つまり簡単にベッドにできることのみでなく、背もたれが自由に動かせることによって、様々な座り方と使い方もできます。そういうデザインは人々の生活スタイルを豊かにし、一人でリラックスしたり、テレビを見たり、本を読んだり、パソコンを使って仕事もできますが、背もたれを上手くアレンジすれば一緒に座る家族や友達ともコミュニケーションが上手く取ることができ、人々の生活を豊かにしてくれる「コミュニケーションの場」も生まれるのです。 (次号に続く)

連載コラム写真
今回のトークショーにもたくさんのお客様に来ていただき、お話をとても良く聞いてくださいました。その後に行われたシャンペンパーティも大成功で、盛り上がりました。
連載コラム写真
ミッシェル社長はフランス語、ウェルネール氏は英語で質問に答えられたので、私の通訳も3カ国語になってしまい、時々迷ったこともありますが、内容はとても面白かったと思います。あっという間に時間が過ぎてしまいました。
連載コラム写真
ウェルネール氏とミッシェル社長の関係はとてもよく、お互いを尊重し合いながら自分の立場と意見もしっかり主張しているような印象を受けました。つまりお二人が本格的なプロフェショナルで、社長とデザイナーとしての役割を完璧に果たしているように思います。それこそがリーン・ロゼブランドの強みなのです。
連載コラム写真
お客様や様々なドリームベッドのメンバーに囲まれている彼らの写真はとても素晴らしいと思いませんか?ウェルネール氏もミシェルシ社長も、パーティーを大変楽しまれている様子でした。言葉の壁があっても。
連載コラム写真
「女性オンリー」と映っている写真も可愛いと思いませんか?ミシェル社長はそのように女性に囲まれていることを半分恥ずかしく、半分エンジョイされていらっしゃる感じで、皆が大笑いしました。
連載コラム写真
ミシェル社長と日本のロゼショップの責任者である藤原さんも仲がとても良く、常に冗談を交わしながら一緒に仕事の話をしています。
連載コラム写真
いつもパーティーに来てくださるデザイナーで武蔵野美術大学名誉教授の寺原先生とその奥様です。今回はデザインや日本の文化について色々と伺うことができ、ありがたく思います。例えば、四国にあるノグチ・イサムの博物館などを「日本でぜひ見ておいたほうが良い所」として勧めてくださいました。
連載コラム写真
エル・デコのブランドディレクターである木田さんもパーティーに来てくださり、ウェルネール氏との会話を楽しまれていらっしゃいました。
カルネ・ド・フランスバックナンバー
著者プロフィール