ツイッター
インスタグラム
ブログ

Carnet 254

A beautiful lunch with Roset Family Ⅰ

ロゼファミリーとの華やかなランチ その1

みなさんこんにちは。コロナ禍はまだまだ終息していませんが、お元気でいらっしゃいますか。
前回のカルネでは、「スローフード」と「美食」、そしてそれらに対するコロナの影響について お届けしました。そこで、コロナ禍が訪れる直前にフランスのレストランで食事をした最後のグルメを思い出さずにはいられませんでした。

それは2020年の1月で、恒例の国際家具見本市の訪問の際でした。ちなみに、今年の1月はケルンとパリもキャンセルになり、日本の同僚そしてロゼ社のメンバーにも2020年の1月からずっと会えていないことがとても寂しく思います……。

2020年の1月、ドリームベッドのみなさんとケルンとパリの見本市を訪れた後、ドリームベッドの社長小出さん、そしてロゼ事業部の責任者、村上さんと一緒にロゼ本社を訪問しました。小出社長がロゼ工場の訪問がてらに、ロゼ家全員、つまりピエール、ミッシェル、アントニー、オリビエにお会いし、両社のパートナシップについて彼らと直接話し合われたいとのことでした。

工場視察を前日に済ませて、1月23日の朝にロゼ本社でミーティングを行い、私たち7人はとても有意義なお話ができました。40年近くの歴史のある協力関係を今後も展開し続け、より緊密で深いものにしていきたいことをお互いに誓いました。

ちなみに、皆さんもご存知かもしれませんが、ロゼジャパンは今年、40周年を迎えています。ロゼ社とドリームベッドとの歴史はそれほど長く、大きな問題もなく継続していることが素晴らしいと思います。これは、変動が激しい国際ビジネスの世界においては珍しいことだと思います。

ロゼ社でのディスカッションの後、ロゼファミリーは、私たちをこの地域で最高有名なレストランのひとつであるL’Auberge de l’Abbaye(オーベルジュ・ド・ラベイ)でのランチに招待してくださいました。レストランはロゼ本社から約20キロ、家具工場から数kmにあるAmbronay(アンブロネー村)に位置しています。AmbronayはそこにあるAbbaye(大修道院)で有名な地域で、レストランの名前は修道院にちなんでいます。(次号に続く)

連載コラム写真
ロゼファミリー(左から、アントニー、ピエール、オリビエ、ミッシェル・ロゼ)そしてドリームベッドの小出社長と村上さん。レストランの前で撮った写真で、後ろには有名な修道院Abbayeが見えます。ちなみに、そこで毎年の夏に、クラシック音楽のフェスティバルが行われています(去年はキャンセルになりましたが)。
連載コラム写真
レストランの前です。石造りの伝統的な建物に入っており、修道院の隣にあります。小さいレストランですが、この地方で大変有名なお店です。
Auberge de l’Abbaye, Place des Anciens-Combattants, 01500 Ambronay
カルネ・ド・フランスバックナンバー
著者プロフィール