Designers

デザイナー

リーン・ロゼは、世界中の有名なデザイナーによってデザインされた、ソファやベッドなどハイクォリティでコンテンポラリーなインテリア家具を製造し、新しいライフスタイルトータルに提案しています。

Amaury Poudray

アモーリー・ポードレイ

1985 年ショーレ生まれ。2009 年にサンテティエンヌ高等美術学校を卒業。また、米国のロードアイランド・スクール・オブ・デザインで1年間学び、もう1年間はイタリアのベネトングループのコミュニケーション研究センターであるファブリカのデザインチームで働いていました。現在、Amaury Poudray はリヨンで自身のスタジオ、Amaury Poudray Networks を運営しています。家具デザイン、インテリアアレンジメント、アートディレクションを専門としています。彼の仕事は、人間に基づいたさまざまな能力のネットワークを中心に構築されており、非常に特殊な専門分野を持つ革新的な企業で構成されています。イノベーションとグローバル/ローカルのつながりがスタジオの制作の中心です。彼の作品には、家具メーカー、先見の明のある小規模企業、大規模グループ、アート ギャラリー、学校とのコラボレーションが含まれます。

Arik Levy

アリック・レヴィー

1963年テルアビブ生まれ。現在フランス在住、アリック・レヴィーは、ヨーロッパ及び国際市場においてステージデザインを行うかたわら、工業デザイン、製品開発、照明デザイン、コーポレイトアイデンティティなどのプロジェクトおよび見込みある研究を実現化しています。
彼のコンセプト、デザイン作品及びアートビデオや写真のようなアート作品であり、主張する材料、技術及び製造技術により、新しいアイデアを創造し、それをオブジェ、空間、およびアイデアにしています。

Annie Hieronimus

アニー・イエロイムス

フランス・パリ出身。Pierre Beives指導のもとルーブル美術館の『Ateler des moins de 15ans』で学び、美術職業・応用美術学校を卒業し「一般装飾」部門の教育課程全般を受けました。その中には時にRoger Wegensky指導のタペストリーの講義が含まれています。
1976年、ロゼ社の創作チームに加わり、様々な製品に携わりました。1997年に独立、自身のスタジオで多くの作品を生み出すと共に、純粋に芸術的な作品に向けて、毎年展覧会を企画しています。
2016年に発表されたロゼ社とのコラボレーション作品、「羽」という意味のソファ『ROSETPLUMY(ロゼプリューミー)』は、数多くの国際家具見本市で話題となりました。

Bernard Govin

ベルナール・ゴヴァン

1940 年生まれのフランスのデザイナー兼インテリア建築家です。生涯にわたって、流動的な外観と大胆で未来的な曲線を備えた、今日でも魅力的な一連の作品を生み出しました。彼は 1960 年代後半から有名なメーカー、Ligne Roset と協力し始めました。デュペール アップリケ芸術学校と産業美学研究所で学んだ後、1​​963 年に自分の代理店を設立しました。彼の調査は新しい素材を中心に行っています。 1966 年、彼はサロン デ アルティスト デコレート (SAD) で象徴的な作品、つまり 1967 年からリーニュ ロゼ社が製作したアスマラ フロア シーティングを発表しました。その後、同じくリーニュ ロゼ社が製作したデューンズ シーティングを 1972 年の SAD で発表しました。 彼の革新的な作品彼らの独創性と素晴らしい現代性に驚かされます。ベルナール・ゴヴァンは、さまざまなメーカーとのコラボレーションの結果として彼の他のモデルが制作されるのを見ることになり、最終的にインテリアアレンジメントプロジェクトに取り組むために南フランスに移りました。

Christian Ghion

クリスチャン・ギオウン

クリスチャン・ギオンは、1958 年にフランスのモンモランシーに生まれました。5 年間法律を学んだ後、パリ・コンフラン建築エコールの家具デザイン学科に入学することを決意しました。28 歳のとき、彼はパトリック ナドーとチームを組み、多くのプロジェクトに取り組みました。二人は協力して、1991 年にパリ市創造グランプリを受賞しました。1998 年に彼は自分のスタジオを設立し、カッペリーニ、ドリアーデ、ダウム、サルビアティ、サワヤ & モロニ、さらには XO などの有名なメーカーのためにデザインを担当しました。彼は数多くの賞や栄誉を獲得し、2006 年には芸術文化勲章を授与されました。

Constance Frapolli

コンスタンス・フラポリ

1991 年生まれのコンスタンス フラッポリは、2016 年にエコール カモンド校でインテリア建築とデザインを卒業しました。現在はパリに住んでおり、デザイン スタジオの一員としてさまざまなプロジェクトに取り組んでいます。彼女自身のプロジェクトでは、そのオブジェクトを使用して、形、素材、機能が環境に役立つ物語を伝えることを目指しています。コンスタンスは、機能性と感情のバランスの探求に焦点を当て、形と素材が物語を語る詩的で実用的な性質を作品に与えています。コンスタンスは、垣間見ること、皮肉、比喩、イメージで遊ぶのが大好きで、認識可能な領域を中心にデザインを構築します。彼女の敷物「Mémoire d'une Trame」は、Ligne Roset との初のコラボレーションを表しています。

Claude Brisson

クロード・ブリソン

エコール・デ・メティエ・ダール美術学校を卒業し、ジャン・プルーヴェ・エコール・デ・ザール・エ・メティエ・ダール美術館の建築認定資格保持者。 1973~1974 : L'Abaque Marc Alessandri デザイン局、ホテル設備。 1975-1976 : Compagnie d'Esthétique Industrielle R.Loewy、TGV 包囲、正規化合計。 1977~1983 : Société Lita - Groupe Mazda、装飾照明および建築照明、スタンド、展示会およびショールーム。 1984~2008 : Groupe Roset、Ligne Roset および Cinna の室内装飾デザイン、Ligne Roset、Cinna、Roset Hotels & Contracts の室内装飾デザインオフィスの責任者。

Christian Werner

クリスチャン・ウェルネール

"1959年、ドイツ・ベルリン出身。ベルリンとハンブルクで工業デザインの訓練を受け、1987年からハンブルクでインダストリアルデザインの会社にデザイナーとして勤務しました。1992年に独立、ハンブルクにデザインスタジオを設立し、以来、数多くの製品とインテリアデザインを生み出してきました。
独創性に満ちたクリスチャン・ウェルネールの作品は、レッドドット賞をはじめ、世界各国の数々の賞を受賞。2015年に発表したロゼ社とのコラボレーション作品、『ROSETPRADO(ロゼプラド)』は、人の生活や行動の研究から形態が決められた、新しいライフスタイルを形にしたことで、大きな話題となりました。"

Dubreil & Pilato

デュブレイユ・アンド・ピラト

BTS のプロダクト デザインを学んだ後、レオ デュブレイユとバティスト ピラトは、ストラスブールのエコール高等装飾芸術学校 – DNSEP の学位コース中に出会いました。彼らは、第 11 回才能コンクール Cinna Révélateur de Tales でプロジェクト「SHELL」(「Clam」に改名)を発表し、審査員賞と一般賞の両方で一等賞を受賞しました。 2016年にはD'Days de Paris展示会にも参加しました。

Didier Gomez

ディジエ・ゴメズ

"1953年フランス・ムラン出身。インテリアの仕事をするまでは音楽家を目指していました。1978年、自身の会社、『First Time(家具会社)』を設立。1986年、ロゼ社と仕事をスタートしました。
ディジエ・ゴメズは、プロダクトデザインのみならず、ルイ・ヴィトン、ディオール、ケンゾー、LHV グループ、などの本社オフィスデザイン、ランバン、セリーヌ、フェラガモなどのショップデザインも手がけています。その他、アクセサリーや香水のデザイン、インテリアデザインやハリウッドスターの自宅デザインなど、幅広い創作活動を行っています。
彼のデザインはヨーロッパの伝統美を大切にしながら、斬新なアイディアが満ち溢れる空間の創造が特徴。リーン・ロゼでは「自由に過ごせる家具」を信条に、数多くのスタイリッシュな家具やソファをデザインしています。"

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

Contact Us

ショップで製品に触れよう!

360°

バーチャルショップ公開

リーン・ロゼショップの店内をVRでご覧頂けます。
VRゴーグルをお持ちの場合は、ご使用いただくと
よりリアルにご体感いただけます。

来店予約・オンライン相談

リーン・ロゼ製品をよりよく知っていただくための
予約に関する詳細をご説明しています。

カタログの取り扱い

ロゼ社のコレクションを、皆さんにご紹介します。
生み出された作品の数々をお楽しみください。

デジタルカタログだけでなく、郵送をご希望の方
は、以下からお申し込みください。